売れる営業に一瞬で変わる「サイレント新規開拓営業術」(受付中)

日時2017年 10月29日(日) 13:30~16:30(13時15分開場)
内容スクエア荏原(えばら)
第1小会議室
東京都品川区荏原4-5-28
TEL:03-5788-5321
交通東急目黒線 武蔵小山駅下車徒歩10分
東急池上線 戸越銀座駅下車徒歩10分
料金12,000円(税別)
申し込み方法ページ下部にある「申込みフォーム入口」をクリック。
定員15名(先着順になります)

飛び込み・テレアポはつらいのが当たり前!?

多くの営業マンが最初につまづいてしまう部分。それは新規開拓です。
とくに新人は、まだ訪問できるお客さまがいないので、
まずはそれを探すことから始めなければいけません。

会社から渡されたリストを見ながら一件一件電話をしたり、
飛び込みで直接訪問するなど、
ベテランの営業マンでさえ難しい作業を強いられることも多いです。

アポイントが取れないと営業ができません。
せっかく覚えた商品知識やトークも使う場面がないのです。
訪問予定がない人は、
とにかく一日中アポ取りをしていることも珍しくありません。

近年ではインターネットを使った集客なども増えていますが、
規模がそれほど大きくない会社では、
営業マン自身が新規開拓をゼロから行っているところも多いです。

電話でのアポ取り(テレアポ)や飛び込み営業は、
やったことがある人ならわかるでしょうが、
とにかくツライ作業です。

1日100件電話をしても、
冷たく断られることばかり。

1日100件飛び込みをしても、
話を聞いてくれることなどほとんどありません。

わざわざ怒られるために行くようなものです。

断られ何の成果も出ないことが続くと、
気持ちも落ち込みます。
お客さまからも上司からも叱られて、
つらい思いばかりしています。

私自身、元来は口下手でおとなしい性格なのですが、
新規営業をやるときは、無理に明るく振舞おうとしていました。
それが正しいやり方だと教わっていたからです。

こんなに毎日苦しい思いをするくらいなら、
営業なんてもう辞めようか。
そんな思いで過ごしていました。

でもそれが営業の仕事だから仕方がない!?

 

かつての私のように、
そう思ってあきらめかけている人のために、
このセミナーを企画しました。

 

多くの人が間違った新規開拓をしている!

営業マンが当たり前のようにやっていることのなかには、
こと新規営業に関していうと、マイナス効果になることがたくさんあります。
頑張ってやればやるほど、アポが取れない状況になってしまうのです。

もしかしたら、あなたは電話で明るい声で元気よくアポ取りをしていませんか?

はっきり言いましょう。それではいつまでもアポはとれません。
その理由がわかると、がぜん新規営業の効率が上がります。

このセミナーは、単なるアポ取りのひとつの手法を解説するのみにとどまらず、
新規営業の本来のあり方について知っていただく場です。

本当の新規開拓というのは、
ストレスを感じる作業ではありません。
お客さまから冷たくされることもないのです。

ところが新規営業の場面では、
多くの人が間違ったことをいまだにしている現実があります。

そのことに気づいたとき、
私の心のモヤモヤはきれいに晴れました。

それと同時に、信じられないくらいに簡単にアポが取れるようになったのです。

これまでの苦痛はなんだったのかと思うくらいに、
新規営業への向き合い方が180度変わりました。

しかも一瞬で変わったのです。

とくにトークの練習をするわけでもなければ、
メンタルを鍛えたわけでもありません。

 

変えたのは、新規開拓への考え方だけ。

 

もう、アポ取りで神経をすり減らすことはなくなります。
冷たく断れることもなく、ストレスも消えます。

新規営業というのは、ストレスなど一切感じずにやるべきものだということに、
ぜひ気づいてください。

 

以下は、以前のセミナー参加者の感想です。

◆クリエイティブ関連

・大阪 Oさん(デザイン会社経営)
アポ取りまでの流れはシンプルで、誰でもやれそうに感じた。
今回の内容を自分のビジネスに合うようにカスタマイズして、さっそくやってみようと思う。

・神戸 Mさん
最短距離で担当者と意思疎通できる方法を教えていただきました。

・東京 Kさん(フリーグラフィックデザイナー)
通常のアポ取りはメールで行っていたのですが(作品はココにリンクみたいに)
やはり大きな企業を想定しますと、今回教えて頂いたアポ取り過程の方が最適で
誠実だと感じました。あとはチャレンジ欲みたいなものが湧きましたね。

・埼玉 Tさん(製図関係)
目からウロコのような話でとても良かったです。私も営業をしなければというプレッシャーがあったのですが、これでなんとか乗り切れそうな気がします。

・東京 Kさん(グラフィックデザイナー)
本日は貴重なお話をありがとうございました。とても参考になりました。お客様を売るのはうまくても、自分自身を売るのには慣れていないことに気づかされました。

・東京 Nさん(WEB/グラフィックデザイン)
面白かったです。お話をうかがった後は、「普通の営業はそりゃあ上手くいかないわな」と思わされました。基本は相手の立場に立つですね。

・東京 Kさん(音楽、映像、WEB制作)
今までの営業と違い「営業しない営業」というコンセプトにとても強いインパクトを受けました。口べたな私ですが、これなら「やってみよう!」という気になりました。

・埼玉 Sさん(イラストレーター)
たいへん参考になりました。来てよかったです。仕事がら相手と会うことが少なくなっていましたが、「会う」ことの大切さをますます感じています。これからはもっと人に会わないとなあ。

・東京 Oさん(編集・ライター)
新規営業の必要性を前々から痛感しており、今回のセミナーが良いきっかけになりそうです。

・東京 Nさん(フリーライター)
さっそく明日からできる手軽なところがいいと思いました。

・東京 Tさん(写真関係)
この方法、楽しそうなので参加してみます。

・東京 Mさん(カメラマン)
営業自体が苦手ですが、この方法でクライアントを増やせたらと思います。ありがとうございました。

・東京 Mさん(写真撮影業)
モノやサービスを売りにしている会社、個人にはとても良いアイデアだったと思います。デザイナーなどのフリーランスには最適だと思いました。

・埼玉 Tさん(フォトグラファー)
非常に参考になりました。ターゲットの選定や自分のセールスポイントの設定など、今後の自分を客観的に評価し、外への発信ができれば結果は自らついてくる気がします。方法として自分に合っているものだと感じました。

・神奈川 Iさん(印刷営業)
先日モニターに参加した際に取れたアポは、1件は見積もり引き合い有りでアプローチ中で、もう1件は上司を連れて来週訪問予定になっています。現状、私ともう一人の営業マンで行っていますが、彼の感想はやはり「やり易くてストレスがない」とのことです。
他の営業にも広げる予定です。

◆士業・コンサルティング関連

・神奈川 Aさん(コンサルタント)
これは使えます。セミナーを聞き進むうちに、「お客様」にフォーカスして進めていく手法のその合理的な内容にどんどん引き込まれてしまいました。すぐに使ってみて自分なりの武器にまでブラッシュアップしたいですね。

・大阪 Aさん(ITコンサル会社経営)
もし自分が逆にこの手法でアポを取られる立場だったら‥‥ と考えると、非常にわかりやすいですね。

・大阪 Aさん(コンサルタント)
心理的な障壁を取り除くという考えが非常によく練られており、確実にアポの精度は高まると感じました。

・埼玉 Aさん(社会保険労務士)
自分でやる場合にどのようにアレンジしようかと考えながら聞いていました。「確認」から入るというのは、これまでの手法からするとかなりストレスが減るように感じました。

・東京 Kさん(環境コンサルティング)
アポ取りはしたことがなかったですが、予想以上の大切さを知ることができました。ありがとうございました。

・東京 Mさん
非常にわかりやすく参考になりました。継続的な新規開拓は必要と考えておりますし、将来の漠然とした不安が解消できました。

・東京 Yさん
「いかにイニシアティブをとりながらクライアントにアプローチできるか」という点で、クライアント心理を把握しながら段階的に理解することができました。

・東京 Wさん
人の感情の道理にかなった内容でとても参考になりました。
電話をする側、される側の感情のバロメーターが非常にわかりやすかったです。

など多数

 

さらに今回は、新規ターゲッティングの手法もお伝えします!

新規営業をよりスムーズに、
そして確実に成果をあげるために、
ターゲッティングについてもお話しします。

リストアップのコツや営業戦略について、
ワークを交えながら解説します。

これは、単独のセミナーとして行ってきたものですが、
今回、新規開拓のお話をするのあたって、加えることにしました。

それによって、アポ取りの作業効率が上がるのはもちろんのこと、
紹介が発生しやすくなるからです。

新規の顧客を獲得する方法としては、
紹介されるのが一番です。
いかがでしょうか。

これまでさんざん苦しめられてきた新規開拓へのウエイトを減らして、
もっと実際の営業に時間と労力を使いたいと思いませんか?

そして、お客さまとの良好な信頼関係を作って、
売れる喜びと同時に「楽しい」営業を味わってください。

 

 

→申し込みフォームへ ←ここをクリック