無料メールマガジン

★しゃべらなくても大丈夫「サイレントセールスのすすめ」

毎週木曜日にメールにてお届けしている無料のメールマガジンです。

営業のちょっとしたコツやヒントについて、10年以上に渡って書いてきました。
ときにはプライベートなことも書いています。

独自の公開セミナーや、各地でのセミナー、イベント情報なども、
いち早く掲載しますのでぜひご登録ください。

とくにメルマガ読者限定の特典や割引の情報などもあります。

 

◆無料メルマガ「サイレントセールスのすすめ」登録ページはこちら
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=watasemail

 
 

以下はサンプルです↓
//////////////////////////////////////////////////////////////////

し ゃ べ ら な く て も 大 丈 夫 !
─────────────────────
『 サ イ レ ン ト セ ー ル ス の ス ス メ 』

///////////// WEEKLY MAIL MAGAZINE No.436 2013/01/24 /////////////

このメールマガジンは、しゃべることが苦手でも結果を出せる
営業やコミュニケーションのコツなどを、ご紹介するものです。

— はじめに —————————————————–

昨日は、初めて会う人とセミナーの打ち合わせをしました。

この人は私の本を読んで、
その巻末に載せていたメールアドレスを見て
連絡してきたのです。

何度かメールでやり取りをしてから実際に会うことになりました。

結果、一緒にセミナーをやることを決めました。

こうしたきっかけは、じつはとってもありがたいのです。

ただ、聞くと、最初にメールをするときは、
かなりの勇気がいったそうです。

本の著者に直接メールを送るのは失礼かも!?

そんな気持ちだったとのこと。

私としては偉そうにしているつもりもないですし、
むしろウエルカムなのですが、
どうしても、ある一定のハードルがあるようです。

そういえば、私も昔は、
本を書いている人と話をするだけで舞い上がっていたものでした。

そしてどんなに感動した本でも、
その著者に直接連絡をしようとは思いませんでした。

その意味では、
ときどき本を感想をメールでいただいたり、
(手紙が来ることもあります!)
今回のように仕事の打診をいただいたりするのは、
もちろんそれ自体がとてもうれしいことですが、
まずその行動を起こした勇気に感謝したいです。

こちらとしては、
もっと気軽に話しかけてほしいですし、
こんなことをお願いするのは失礼かなと思って
ためらっているのでしたら、
少しの勇気を出してメールして欲しいと思っています。

これは、私に限ったことではなく、
本を書いている著者(著名な人も含めて)すべてにいえることです。

本は、こちらかの一方通行の媒体です。

それを読んだ人の感想や意見(もちろん批判も含めて)などの
リアクションが欲しいのです。

それが励みになりますし、達成感になっているのです。

もちろん売れるという数値的な喜びもありますが、
自分が書いたものが受け入れられているとか、
役に立っていると実感できることこそが著者の喜びです。

ぜひ、私に限らずに、
良い本に出会ったら、著者に感想を送ってあげてください。

─────────────────────────────────

◆◆ 蓄積効果をねらう ◆◆

月末まで頑張って売って、なんとか目標をクリア。

でもホッとする間もなく、翌月はまたゼロからスタート。

私が営業マンの頃は、そんなことの繰り返しだった。

はっきりいって気が休まるときがない。

いつも追われている感覚だ。

やってもやっても終わりがなくて、
ずっと忙しいままの状態。

これが一生続くのか?

営業をやっていると、ふとそんな不安がよぎったりする。

いまそのような気持ちでいる営業マンのために、
やればやるほどラクになっていくスタイルを提案したい。

それが今回のテーマ「蓄積」だ。

日々の活動のなかで、蓄えていけるものは何か?

そしてそれが将来役に立つものは何なのか?

そこを考えていきたい。

たとえば、かつて私がデザイン会社を経営していたとき。

あるときから、ターゲットを絞った展開に切り替えた。

お客さまを医学系の出版社だけにしようと決めたのだ。

もちろん、最初のうちは
新規のアポイントを取るところからスタートだった。

実績らしい実績もない状態。

それでも一社二社と小さな実績を重ねていくうちに、
あるときからグンとラクになった感覚があった。

それは実績が増えてきたからだ。

ひとつの会社での経験値が増えると、
その実績は同業他社へのアプローチをラクにしてくれる。

医学系の経験が増すほどに、
その業界での当社の立ち位置が良くなっていった。

それにつれて、仕事の規模もどんどん大きくなった。

最初のうちは、小さなチラシだけだったのが、
徐々に、数ページの冊子になり、
最後は本一冊丸ごと請けるようになった。

チラシだと数万円だが、
本一冊なら数百万円にもなってくる。

どちらも一度の打ち合わせで注文が取れるとしたら、
金額が高いほうが効率が良いに決まっている。

その会社のなかでの実績を重ねていけば、
単価の高い仕事に移行することができるし、
他の担当者からも注文が来はじめる。

営業としては、どんどんラクになる。

その実績を持って、他社にアプローチすれば、
成約の確率はかなり高くなる。

このように、件数や売上金額ばかりを追う実績作りではなく、
ひとつの業種に絞った実績を積むことで、
営業の仕事をラクにしていくことが可能になるのだ。

「この業界なら○○さんが得意」

と言われるようになればしめたもの。

クチコミによる紹介も発生し始める。

ライバル他社との差もつけられるので、
価格交渉になりにくい。

同じように営業するのでも、
このような蓄積を意識した活動を心がけるといいだろう。

すると、
「今回の仕事は安いけど、将来につながっている」
と思えば、
誠心誠意やることができる。

それは、当然ながら相手にも伝わる。

そして次につながっていく。

その場だけで儲かるだけの仕事というのは、
私の経験上、結果としてあまりおいしくない。

逆に、いまは儲けにはならないが、
将来のために経験しておくべき仕事というのは、
ゆくゆくは大きな助けになってくれたりする。

いま目の前にある仕事は、将来のためのステップになっているか?

それを意識すると、
蓄積効果が出てきて仕事がどんどんラクになってくれる。

その日ぐらしから脱却したいと思ったら、
自分の経験値が貯まる仕事を選んでいくといい。

そしてこれは今でも私が仕事を選ぶ上での基準になっている。

■公開セミナーのお知らせ(東京)1月30日(水)↓残席5名!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『自分にピッタリの仕事を見つける』セミナー

クラスで一番無口で目立たなかった私が、なぜ独立して仕事ができたのか?
そして田舎に引っ越したにも関わらず、仕事の依頼が増えたのはなぜか?

おとなし過ぎて親にも先生にも、

「この子は将来ちゃんと仕事に就けるのだろうか?」

といつも心配されていた私が、
今に至るまでのプロセスを、かなり赤裸々にお話します。

それをもとに
参加者ご自身が自分を見つめなおして
歩むべき道を明確にしていく内容です。

仕事を通して生きていくためのヒントになれば幸いです。

●日時:1月30日(水)19時~21時(受付18時30分~)
●料金:5000円
●定員:20名
●場所:東京・武蔵小山駅近く(山手線目黒駅から2つ目です)

●お申し込み:フォームができました!
http://www.pictworks.com/seminar/content/index06.html

─────────────────────────────────
↑私自身もこの一年のスタートしてのきっかけにしたいと思っています。

いち早いセミナーやお得な情報はこちらにご登録を↓
——————————————————————
◆無料メルマガ「サイレントセールスのすすめ」
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=watasemail
——————————————————————
↑渡瀬 謙の独自配信メルマガです!

━━━ 次週のテーマ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

→ 一石二鳥をねらう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆・◆ あ・と・が・き ◆・◆

昨日久しぶりに都内に行ったら、まだ道端に雪がたくさん残っていた。は
っきり言って今年初めて見た雪だ。あの大雪の日でも湯河原は雨ばかりが
降っていて、結局雪にはならなかった。山の上だけど温暖な土地柄なのだ
ろう。まあ、この斜面の多い道に雪が積もったら、もう生活できないけどね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
S I L E N T – S A L E S
——————————————————————
◎発行元 : 渡瀬 謙( info@pictworks.com )
◎購読解除: マグマぐ、Melma!は下の欄外にあります。
独自配信 __stop__
◎本メルマガの内容の転載の際にはご一報ください。
◎ご意見・ご感想は大歓迎です! お返事は必ず書きますよ!
——————————————————————
Copyright(C) 2003-2013 PICTWORKS.Inc, All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【拙著の売れている本ベスト3】

◆『内向型営業マンの売り方にはコツがある』
→アマゾン「セールス・営業」部門1位! 韓国語にも翻訳!
< http://amazon.co.jp/o/ASIN/4804717374/pictworkscom-22/ref=nosim >

◆『「しゃべらない」営業の技術』
→アマゾン「セールス・営業」部門1位!
< http://amazon.co.jp/o/ASIN/4569776523/pictworkscom-22/ref=nosim >

★『相手が思わず本音をしゃべり出す「3つの質問」』
→台湾語にも翻訳!
< http://amazon.co.jp/o/ASIN/453231710X/pictworkscom-22/ref=nosim >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━