営業はムリに売り込むものではなく、自分の商品を望んでくれる人を探す仕事です。このサイトは、「しゃべらない」「しゃべってもらう」「黙って見せる」をモットーにしたサイレントセールスを通して、お客さまとの信頼関係を築き、結果的にストレスなく売れる。そんな営業マンをひとりでも増やしたいという思いで開設しています。内気でも口下手でも良好なコミュニケーションをとることは容易にできますし、トップセールスになることも十分可能です。自信を持って堂々と営業がしたいという方を応援します。

売れる秘訣に着目するのではなく、売れない理由にフォーカスした本。 実際に売れている人というのは、売るためのトークを使うのはもちろんですが、それ以上に「これを言ったら売れない」という禁句を絶対に言わないようにしています。 …続きを読む

単行本の『相手が思わず本音をしゃべり出す「3つの質問」』を文庫化するにあたって、修正加筆したもの。 私の研修のなかでもメインコンテンツになっているもので、内容も高く評価されています。 この3つの質問は、営業場面ではもちろ …続きを読む

現在、私が行っている企業研修や個別指導はすべてこの本の内容がベースになっています。 そしてしっかりと成果が出ています。 (研修ではほぼ100%リピートの依頼が来ますし、個別指導でも1か月以内に確実に成果が出ています。トッ …続きを読む

内向型シリーズはこの一冊から始まりました! 私自身の4冊目の本なのですが、私のビジネスを大きく動かしてくれた代表作です。 編集者と徹夜で内容を詰めたのもいい思い出です。 この本が発売されるとすぐに、多くのメディアから取材 …続きを読む

営業マンはしゃべることが仕事だと思われがちな風潮に一石を投じた本。 実際に売れている営業マンというのは、自分がしゃべることよりも、いかに相手にしゃべってもらうかに重心を置いているものです。そのための意識として「しゃべらな …続きを読む

内向型シリーズ第5弾。 私自身の自伝的内容になっている、初めての自己啓発書です。 自分のなかでずっと温めていた内容なので、この本を出せたことは感慨深いものがありました。 これまで言ってこなかった、かなりの部分までを掘り下 …続きを読む

質問を使って会話を盛り上げるというタイトル通りの内容です。 ただ、盛り上げると言っても、面白い話の仕方などではありません。自分のしゃべり方を鍛えようとするのではなく、相手にできるだけ話してもらうことを主体にしています。 …続きを読む

雑談と言えば、自分でうまくしゃべるものと思われがちですが、実際には相手にしゃべってもらうほうが圧倒的に有効です。 本書では雑談上手の人がどのようにしているかを、具体的な手法を交えて解説しています。 そして雑談をたんなる時 …続きを読む

私が書いていた雑談本のエッセンスをコンパクトに新書版としてまとめたもの。 雑談や会話の基本パターンを知っておけば、たいていの場合に応用できます。 簡潔な書き方をしているので、読みやすいつくりになっています。   …続きを読む

最新セミナー情報(一覧ページへ▶)
売れない原因を根本治療する「営業クリニック」
サイレントセールス「4ステップ商談」集中講座(受付中)
サイレントセールス「4ステップ商談」集中講座(終了)
売れる営業マンを量産する「営業マニュアル作成」講座(終了)
サイレントセールス「4ステップ商談」集中講座(終了)
サイレントセールス「4ステップ商談」集中講座(終了)
サイレントセールスブログ(一覧ページへ▶)

ユーキャンの情報サイト、「マナトピ」に私の取材記事が掲載されました。 コミュ力に自信がなくても大丈夫! なんせ私自身が、コミュ障のままでリクルートのトップセールスになった経験があります。 仕事で結果を出したいと思ったとき …続きを読む

基本的に電話やネット、メールなどは、 売り込みには向いていない。 まあそもそも、売り込みに向いているとか、 もっと言うと売り込み自体を私は否定しているので、 とくに使うこともない。 どうして向いていないかというと、 ネッ …続きを読む

アポ取りのとき、 同じセリフを使っていても、 人によって成果が違ってくることがある。 とくに決められたトークで同じようにやることが求められる コールセンターなどを見てみると、 アポが取れる人となかなか取れない人とのバラつ …続きを読む

前回のつづきから。 「ちょっとお伺いしますが」 のあとに何を言えばいいのか? 自分でも少し考えてみただろうか? ちなみに、アポ取りの作業というのは、 営業のなかでどのような位置づけになっているのかを 正確に理解している人 …続きを読む

前回のつづきから。 アポ取りの第一声で、 ・はじめまして ・いつもお世話になっています ・お忙しいところすみませんが ・社長さまはいらっしゃいますでしょうか これらのセリフをひとつでも使っていたら、 すぐに見直すことが必 …続きを読む

私が今の仕事をはじめるきっかけとなったのは、 TFTアポ取り法を考案したことだった。 当時やっていたデザイン会社で、 危機的状況を打開するために、 新規アポ取りの手法を考えた。 そのおかげで会社は復活することになるのだが …続きを読む

私はたまにビジネス雑誌などのインタビューを受けることがある。 ライターさんが質問して私が答える。 それをうまく文章に起こしてまとめてもらう。 なので私としてはとても楽な作業になる。 単に話せばいいだけだから。 ところが、 …続きを読む