営業はムリに売り込むものではなく、自分の商品を望んでくれる人を探す仕事です。このサイトは、「しゃべらない」「しゃべってもらう」「黙って見せる」をモットーにしたサイレントセールスを通して、お客さまとの信頼関係を築き、結果的にストレスなく売れる。そんな営業マンをひとりでも増やしたいという思いで開設しています。内気でも口下手でも良好なコミュニケーションをとることは容易にできますし、トップセールスになることも十分可能です。自信を持って堂々と営業がしたいという方を応援します。

売れる営業マンを育成するための教科書。 営業マンが部下を持って教える立場になることはよくあります。 とくに現役時代に売れていた人にありがちなのは、思うように部下を育てられないことです。自分の持っている知識やノウハウを出し …続きを読む

同僚や上司とのコミュニケーションがうまくできるだろうか? 会議やプレゼンの場できちんと振舞えるだろうか? 晴れて社会人になるのに、楽しみよりも漠然とした不安が先に来てしまう…。 あなたもこんな悩みを抱えていませんか? 私 …続きを読む

売れる秘訣に着目するのではなく、売れない理由にフォーカスした本。 実際に売れている人というのは、売るためのトークを使うのはもちろんですが、それ以上に「これを言ったら売れない」という禁句を絶対に言わないようにしています。 …続きを読む

単行本の『相手が思わず本音をしゃべり出す「3つの質問」』を文庫化するにあたって、修正加筆したもの。 私の研修のなかでもメインコンテンツになっているもので、内容も高く評価されています。 この3つの質問は、営業場面ではもちろ …続きを読む

現在、私が行っている企業研修や個別指導はすべてこの本の内容がベースになっています。 そしてしっかりと成果が出ています。 (研修ではほぼ100%リピートの依頼が来ますし、個別指導でも1か月以内に確実に成果が出ています。トッ …続きを読む

内向型シリーズはこの一冊から始まりました! 私自身の4冊目の本なのですが、私のビジネスを大きく動かしてくれた代表作です。 編集者と徹夜で内容を詰めたのもいい思い出です。 この本が発売されるとすぐに、多くのメディアから取材 …続きを読む

営業マンはしゃべることが仕事だと思われがちな風潮に一石を投じた本。 実際に売れている営業マンというのは、自分がしゃべることよりも、いかに相手にしゃべってもらうかに重心を置いているものです。そのための意識として「しゃべらな …続きを読む

内向型シリーズ第5弾。 私自身の自伝的内容になっている、初めての自己啓発書です。 自分のなかでずっと温めていた内容なので、この本を出せたことは感慨深いものがありました。 これまで言ってこなかった、かなりの部分までを掘り下 …続きを読む

質問を使って会話を盛り上げるというタイトル通りの内容です。 ただ、盛り上げると言っても、面白い話の仕方などではありません。自分のしゃべり方を鍛えようとするのではなく、相手にできるだけ話してもらうことを主体にしています。 …続きを読む

最新セミナー情報(一覧ページへ▶)
売れない原因を根本治療する「営業クリニック」
サイレントセールス「4ステップ商談」集中講座(終了)
サイレントセールス「4ステップ商談」集中講座(終了)
売れる営業マンを量産する「営業マニュアル作成」講座(終了)
サイレントセールス「4ステップ商談」集中講座(終了)
サイレントセールス「4ステップ商談」集中講座(終了)
サイレントセールスブログ(一覧ページへ▶)

先日、講演を聞いていたときのこと。 2名の講師が連続で話をしていた。 どちらも同じくらいのキャリアの持ち主。 話もわかりやすくてとても勉強になった。 客席の反応も同じくらい上々だった。 しかし、その後が違っていた。 A講 …続きを読む

先日、「価格交渉」というテーマで講演をした。 正直に言って、このテーマで話をしたのは初めてだ。 というのも、私がいつも話している論法は、 いかに信頼関係を作るかが主体だからだ。 価格交渉というのは、 どちらかというと駆け …続きを読む

お客さまがどこにメリットを感じるのかを ヒアリングすること。 そして「裏ニーズ」を引き出すこと。 そんな裏ニーズの話をする。 この言葉は、私の造語で、 商品サービスにはすべて「表ニーズ」と「裏ニーズ」がある。 表ニーズと …続きを読む

営業の現場では、とにかく「売る」ことが優先されがちだ。 値引きして売ったとしても、結果は売れたことになる。 売れると上司から褒められる。 だから、あまり定価を意識せずに売ろうとする。 値引きというのは、利益を直接削ること …続きを読む

営業と価格は切り離せない関係だ。 商品の良さを伝えるのとは別作業として、 価格交渉という仕事もある。 私も営業マン時代は当たり前のようにやっていた。 うまくいった(定価で売れた)ときもあれば、 ギリギリまで値引きしたこと …続きを読む

かつて私が就活していたとき。 会社の良し悪しなんて学生にはわからない。 だから私は好きなものを扱っている会社にアプローチしていた。 まずヤマハ。 持っていたバイクとギターとテニスラケットが ヤマハ製だったという理由だ。 …続きを読む

以前、私はデザイン制作の仕事をやっていた。 MacでのDTPが始まった頃からなので、 かなり以前から手掛けていた。 当時は機材がとても高価で、 外付けのハードディスク500MBで10万円くらいだった。 (ギガバイトじゃな …続きを読む