サイレントセールスブログ(一覧)

こちらは、サイレントセールスブログの一覧ページです。ブログを読みたい方はタイトルまたは「…続きを読む」をクリックしてください。


私がスカイプで個人コンサルをやっている人から、 こんな内容のメールが来た。 (Sさん、ネタとしてちょっと拝借します!) 新しい支店に異動になって2ヶ月目。 引継ぎ作業で終始していたが、 ちらほらと新しい案件が出てきたとの …続きを読む

近年、感じることがある。 それは、売り込みの電話が少なくなっていることだ。 以前はもっと電話がかかってきていた。 今日、久しぶりに営業の電話が来たが、 ちょっと懐かしい気分にもなった。 それにしても、 相変わらず第一声か …続きを読む

上司の命令というのは、 部下にとっては結構重いものだ。 命令されたことは、 何とかして守ろうと思うのが普通の感覚だろう。 言われたことができないのは、 当人だって悔しいし申し訳ない気持ちになっている。 ところが上司の命令 …続きを読む

営業マンにとって大切な作業は、 お客さまの警戒心を取り除くことである。 「?」 と思う人もいるかもしれないが、 これは事実だ。 売れている営業マンほど、 それを実践している。 ただこの「警戒心を解く」部分というのは、 ヒ …続きを読む

目先の売上に執着しようとすると、 どうしても売りたい気持ちが先行してしまう。 まあ、毎日上司から「売ってこい!」と言われ続けていたら、 そうなるのも当たり前だ。 まわりと比べて成績が劣っていると、 あせる気持ちもわかる。 …続きを読む

さて、6回に渡ってしゃべらない営業をテーマに書いてきた。 裏話をすると、 私が集中的に書くときというのは、 そのテーマが自分のなかで旬のときである。 それは、単に興味が強い場合もあるが、 本の企画を考えているときだったり …続きを読む

これまで、営業マンはしゃべるなとか、 営業にしゃべりのうまさは関係ないなどと言ってきた。 それは、ヘタなしゃべりを推奨するということではない。 もともとうまくしゃべれる人はそれでいい。 ただ、本当にうまい人などは一握りだ …続きを読む

相手にベクトルを向けるようになると、 営業にとって有利になることがたくさん出てくる。 まず、一方的にしゃべってしまうという弊害を避けられる。 自分にベクトルが向いていると、 どうしても自分の言葉やしぐさに視点が行く。 結 …続きを読む

営業マンはついついしゃべって伝えることを優先しようとする。 だから、トークを憶えたりしゃべり方を磨いたりする。 社内でのロープレも、 もっぱら上手にしゃべれるかどうかを検証していることが多い。 私もそうだったが、 しゃべ …続きを読む

私は肩書をサイレントセールス・トレーナーと言っている。 すると、よく「サイレントセールスって何ですか?」と聞かれる。 それに対して私は、 ・しゃべらない ・しゃべってもらう ・黙って見せる この3つの基本行動のことだと答 …続きを読む

以前、「しゃべらない営業の技術」という本を出したことがある。 新書版だったが、そこそこ売れて、何度が重版になった。 いまでも電子版が売れているようだ。 ただ、いかんせん内容が古くなっていて、 (もちろん、いま読んでも十分 …続きを読む

いまの時代の営業マンが目的とするもの。 それは信頼である。 どんなに売るテクニックに長けていたとしても、 次につながったり、紹介が発生したりしなければ、 いずれは尻つぼみになっていく。 エリアが決まっている営業などはとく …続きを読む

この話はあなた専用のものですよ! 営業マンは目の前の人にこれを伝えればいい。 それがあなただけよ感を与えるということである。 誰にでも同じ説明をするのではなく、 目の前の人に特化した説明をする。 つまり、100人いたら1 …続きを読む

先日、セミナービデオを販売したのだが、 そのおかげで副産物が出た。 それは、質問が増えたことだ。 ビデオを購入した人から、 感想とともに質問が来るようになった。 もしかしたら、 私の本やメルマガを見ていて、 質問したいな …続きを読む

昨日、友人たちと話をしていたときのこと。 ひとりの人の娘さんがとても優秀な営業マンだという話題になった。 一対一で話ができれば、たいていは売れてしまう。 どんな高額商品でも簡単に売る。 しかもガンガン押し倒して売るのでは …続きを読む

では、信頼されるためにはどうしたらいいのか? 売り込まないで本当に売れるのか? というところの続きから。 まだあまり知らない人から、 「これすごくいいのでおススメですよ!」 と言われてすぐに飛びつく人はそういないだろう。 …続きを読む

営業の仕事は売ることである。 それは間違いない。 結果、売れればいい。 ただ、言えるのは、 瞬間的に売れればいいというわけではなく、 今月も来月も、ずっと売れる必要があるということだ。 頑張って頑張ってなんとか今月の目標 …続きを読む

リクルートに入って最初にやらせれたことは、 テレアポだった。 リストを渡されて、電話をかけまくるアレだ。 見よう見まねで電話をするのだが、 「もしもし、リクルートの……」 と切り出したところで、 「ああ、うちはリクルート …続きを読む

前回までは営業マニュアルについて書いていた。 そのとき、あらためて思ったのは、 営業というのは、気合いや根性で売り込むのではなく、 お客さまの気持ちを確認しながら進める作業なのだなということだ。 営業の話を聞く気もないし …続きを読む

営業マニュアルシリーズのラスト。 作ったマニュアルをどうやって身に付けるか? 目的は、良いマニュアルを作ることではない。 それを実際に活用して、 なおかつ結果を出すことである。 身に付け方・・・ これはもう、基本的にはロ …続きを読む

次の20件へ >>